敦亀通信

2021/03/10 18才と81才

先日、ある農産物直売所へ行ったとき、面白い文章が掲示してあった。 見ると、18歳と81歳の比較をしたものである。全部で8つ、それぞれの世代を面白おかしく短文で表現している。読んでみると思わず笑いたくなるような事ばかりであ…続きを読む

2021/02/15 状況に応じ即、反応

今を去る60年近く、私は神戸港でアルバイトをしていた。ワッチマンという仕事である。 神戸港には様々な船舶が行き来する。大きなものでは航空母艦から数万トン級の船舶と大小さまざまな船があった。そうした船の中でも貨物船の割合は…続きを読む

2021/02/08 麒麟が来る

大河ドラマ「麒麟が来る」は昨日終了した。年初から新型コロナ騒ぎで列島全体が機能不全に陥る中、スタートした日から1年以内で終了するという通常の期間を越えての終了であった。この1年、主を滅ぼした逆臣、明智光秀、現代ならば天才…続きを読む

2021/01/21 半藤一利さん逝く

歴史研究者、半藤一利さんが亡くなられた。色々な著作のうち、「ノモンハンの夏」は私にとって心に残る1冊である。ノモンハンといってもお若い方には初めて耳にする言葉であろう。旧満州とモンゴル共和国の国境付近に位置する地名である…続きを読む

2021/01/06 儲けすぎた男、安田善次郎 お正月読書

令和3年は折からの雪とともに開けました。コロナ、雪、みぞれ模様の天候で人は誰でもステイホームを余儀なくされ、そんな次第で私も静かなお正月を迎えてました。こんなときこそ普段、落ち着いて本を読めない自分を反省し、読み応えのあ…続きを読む

2020/12/09 高鷲開拓記念館

  12月6日(日)は飛騨路をドライブしました。県境を越える前に九頭竜道の駅へ立ち寄る。 この日が本年最終営業日であり来年4月までクローズされる。名物の母子恐竜はすでに倉庫へ格納されちょっぴりさみしさを感じる。…続きを読む

2020/11/11 裏切りの構図

NHK大河ドラマ「麒麟が来る」を見た。今週は信長の連合軍が越前朝倉に侵攻するというシーンが見せ場であった。4万の軍勢で若狭三方の国吉城に集結し越前侵攻の準備を行う。敦賀の天筒山城を占領、翌日には越前・金ヶ崎城の朝倉景恒は…続きを読む

2020/10/12 九頭竜湖の絶景に五平餅

10月11日の日曜日、家族と一緒に大野方面にドライブした。R157を岐阜方面に走り和泉村を越えると右手には九頭竜湖が広がる。この湖は人造湖であり中央部に建造されている九頭竜ダムは福井県、嶺北地方の貴重な水がめで豊富な水量…続きを読む

2020/09/24 オヤとカネ

9月22日火曜日は秋分の日で4連休の最終日である。今日も良く晴れ上がり絶好の登山日和となった。いつもなら滋賀の山々を目指すのが、今日は初秋のキノコを求めて奥越方面を目指すこととした。毎年9月中旬にはマイタケが自生している…続きを読む

2020/08/26 旅・女性・宿

「Go to 」キャンペーンを利用して全国各地へ旅した人も多かったことでしょう。自粛、自粛で心も疲れきり、たまには心を癒してくれるところへ旅することも自然なことでしょう。しかし旅に行けばお金もかかります。だから「Go t…続きを読む