敦亀通信

前歯の思い出

更新日:2019/07/05

韓国との間が険しい状況となっている。思うに東洋の人たちは古来より西洋の人たちから黄色人種と呼ばれ外見は同じようなルックスと見られている。特に韓国は弥生時代から大陸への入り口であった。そうしたことから大和王朝時代には韓国からの渡来人が多くいたようである。こうした大陸からの人たちが仏像や観音像を彫り百済観音などの素晴らしい彫刻も存在している。今、両国の間には相手に負けまいとする競争心や嫉妬心が渦巻いている。これに加え歴史観からくる積年の恨みや憎悪心が入り混じって、そうした負のエネルギーを水に流すことが大変困難な状況に陥っている。

ところで、私にも忘れられない中学3年のときの出来事である。当時、終戦後といっても昭和30年前後であったが、朝鮮籍の人たちが数多く存在していた。彼らは戦前から自発的、若しくは強制的に日本へ来てそのまま日本で生活している人たちであった。私の街には廃品回収の仕事をしている人に韓国の人が多かったのを覚えている。H君もその一人であった。H君は私より1歳年下であったが、私の中学では誰もが恐れる番長格であった。身体はそんなに大きくないが度胸があり、当時の我々は地区の祭礼や遊びの場でH君に出会うと小遣い銭を巻き上げられたりしていた。そんなH君とある日のこと何かの理由で私は1対1の決闘をすることになった。場所は今では福井の繁華街となり放送会館が建っている場所である。当時はこの建物も建てられておらず資材置き場となっていた。時間は夜の8時ごろだったと記憶している。暗がりで向かい合った2人であるが、ボクシングまがいの殴り合いはせず、相撲のように取っ組み合いのけんかであった。勝敗は簡単についた。腕力に勝る私が彼を組み伏せ頭を強く押さえつけ「参ったか!」と相手に降参をうながすのである。するとH君は「参ったー」といって私の期待通り降参する。私は相手から離れる。これが曲者であった。降参したはずの相手が再び起き上がり私に向かってくるのである。私は今度は相手の腕をとり、「今度こそ参ったか!」と、骨が折れそうになるまで捻じ曲げると再びH君は「参ったー」という。私が再び力を緩めると、H君は又、攻撃に転じてくるのである。こうした繰り返しを数回はやったと記憶している。相手を地面に組み敷き、むなしい降参の声を聞きながら、このけんかは、私が相手の腕を折ってしまうなどの大怪我をさせなければ終わらない、と感じ始めたそのときであった。相手が起き上がると同時に地面にあった石を私にぶつけたのである。その距離は3~4mであっただろうか。私の顔をめがけ力いっぱいぶつけてきた石は私の口のところに飛んできたのである。真っ暗の中で私は何が起きたのか分からなかった。私は運が良かったのだろうか。私の片方の手のひらが口の近くに位置していたので、それが私の前歯と唇を多少傷つけただけで済んだのである。私には相手の身体を傷つける度胸はなかったのである。このけんかは私の負けであると思った。今度は私が「参った!」といわざるを得なかった。相手が言うところの「参った」ではなく正真正銘の「参った」であった。H君は私の前に立ち私の顔をこぶしで力いっぱい殴った。けんかは終了であった。その後、H君の家に行った。H君の家は堤防上の粗末なバラック建築であった。H君のお父さんが事の次第を聞いて、私を褒めてこう言った。「これからも二人仲良く真の友人になりなさい」あれから60数年の月日が流れた。H君はその後、多くの朝鮮籍の人たちと北朝鮮へ帰還した。かの国でどうやって生活しているだろうか。私の前歯は、その後、義歯に取って代わったがH君の思い出は忘れられない。