敦亀通信

にゃんと、それは「にゃん太」であった

更新日:2017/07/06

梅雨たけなわである。
九州北部は数十年に一度の豪雨となっている。TVやラジオで盛んに避難をうながしているが、こちらは朝から夏の強烈な太陽がてりつけている。
同じ日本列島に住んでいるのに、これだけ違うのであろうか。当地も今日は無事であるが明日は分からない。災害に見舞われている人たちの安全を祈るほかない。

集中豪雨の記憶は色々あるが、大分前の話であるが今頃の時期であった。
県境に位置するS山に登ろうということになった。若くして癌で逝ってしまったMさん、そして今はお付き合いも途絶えているIさんと私である。
前日の夕刻に福井を出発し車は大野市から鳩ケ湯に続く林道を一路、今夜の宿泊地を目指す。この林道は山行の都度、何度も利用しているので馴れているが、夜間の走行は始めてである。ヘッドライトの先に色んな景色が目に入ってくる。昼間は優しくみえる木々のたたずまいも夜には怪奇な様相となって目に入ってくる。
突然、目の前を小さな動物が走ってゆく。みんなで「あれは狐だ、狸だ」などと話す。昼には動物の気配なんて殆ど無いが、夜間ともなると何度も動物と遭遇した。
午後八時ごろにふもとの管理小屋に着いた。この管理小屋は大野市が登山者やハイカー、観光客に解放している小屋であり寝具を持参すれば宿泊も出来る。
早速、宴会が始まる。持参のつまみで楽しく飲んだ。明日は5時に起きて6時には登り始めようとのことで3人が川の字になって眠ることにする。ろうそくの火を消し横になった。真っ暗な闇の中、眠りにつく。

ふと気がつくと雨の音がした。ああ、雨が降りはじめたな、明日は雨中の登山か……と思いつつ眠ろうとするが、なかなか眠れない。
外の雨音は益々大きくなり本格的に降り出したようである。
先ほどまで飲んだアルコールのせいだろうか、体が火照り頭がズキズキしどうにも寝付かれない。なんとしても眠らなくては明日の登りに差し支える、と思うと、さらに眠れないという悪循環を繰り返す。無理やり眠る努力をしているうちに熟睡とは程遠い浅い眠りに陥ったようである。こうなると夢うつつ、半睡状態だ。その夢かうつつか現実か分からない状態で横になっていると横になっている私の背後に何かが忍び寄ってくるような気がするのである。
小屋の中は真っ暗、何か分からないが自分にとって一種のこわーいものである。目をつぶりながら必死にそれから逃れようとするのであるがどうしょうもない。私の背中に何か得体の知れないものが取り付いている。

このままではダメだ、と思った私は横になったまま背中に手を伸ばし必死に何者かを捕まえようとした。何度も試みその何者かを捕まえる努力をしているうち、ようやく捕まえることが出来た。
捕まえてみると毛むくじゃら、それは何か不明だが動物の細い手であった。
びっくりした私は、その手を持って力いっぱい床にたたきつけた。その何者かは私の反撃に屈し伸びてしまったようだ。
暗がりで見えるはずは無いが何故だかはっきりとその姿を現した。なんとそれは数日前に死んだ愛ネコ「にゃん太」ではないか。にゃん太は私にもっとも懐いて外から帰ってくると私の背中に飛び乗って親愛さを示してくれたネコである。猫エイズと診断され、にゃん太が死んだ時、特別の思いでペットの葬儀屋でねんごろに弔ったものである。その愛すべきにゃん太が私の前に手足を痙攣させて苦しんでいるではないか。思わず「ごめんな、にゃん太」と手を差し伸べにゃん太を抱いた。

すると、にゃん太は私の懐でやすらかに眠り始めたのである。このシーンも夢の中の出来事であったのだろう。この後はもう得体の知れないものは背後に現れなくなった。そしてその後は熟睡できたのである。
朝、目が覚めた。昨晩のことは全部夢であった。「眠れたか……?」と聞かれ、昨晩の夢を二人に語った。
ところがMさんは十分に寝られたとのことである。
Iさんは「昨夜はうなされていたね。」という。「君がうなされた後、僕の後ろにも、何かがきて僕自身が金縛りにあったようになってしまった。」といわれた。このことをどう解すべきか?私には分からない。今でも不思議な思いがある。だからあの小屋には二度と泊まるつもりはない。

ちなみにこの朝、雨は益々強くなった。梅雨時によくある集中豪雨の状況となった。
登ろうか中止にするか決めかねていると管理人のおじさんが入ってきた。「すぐに避難してください。このままでは山が抜けてしまう。」とのことである。山が抜けるとは、がけ崩れが起きるという意味であろうと思ったので急ぎ下山することにした。
ちなみにこの時間帯のすぐ後に越前町の海岸線を走っていたマイクロバスがトンネル内で落盤が発生し10数人が瞬時に生き埋めとなり死亡した事件は福井県に住む人なら覚えていると思う。それは1989年、越前町 玉川 国道305号線のトンネル崩落事故であった。

私の見た夢は前日、林道で見た様々の小動物、そしてその数日前に見送った愛ネコ「にゃん太」への思い、激しい雨音等々が飲みなれない酒で神経が昂ぶった脳内で暴れ狂った結果の夢であろうとは思うのだが……古い話だ。