加齢には華麗にウオーキング

自分では意識していないが、近頃身体のあちらこちらから信号を発するようになった。

信号とはいってもあまりうれしくない「加齢信号」である。ある日、突然目の上に蚊が飛んでいるように感じた。しかし実際には何にもない。ああ、これが話しに聞いていた飛蚊症というものだな、、、と思い専門医にかかった。私の場合は単なる加齢によるものらしい。そういえば先日まで胃の不調で胃カメラで診てもらったときも「年のせいです。」といわれてしまった。今後は年相応に生きて行こうと思っている。私の場合、スポーツは登山一筋で来たが今後はウオーキング、歩く運動も増やしてゆこう。先日、ウオーキングをテーマとした講演会があり拝聴した。先ずウオーキングの利点は沢山あったが要点のみ紹介しよう。血流量増加、冷え性改善、脂肪燃焼、ダイエット、ホルモンバランスが整う、悪玉コレステロール値の減少、ボケ防止、骨密度向上、免疫力向上、内蔵活性化、便秘改善、脳のリラックス効果、等々ウオーキングはこのようなメリットがあるとの事だ。次に上手なウオーキングのポイントは姿勢であるとのこと、ほとんどの人が歩く姿勢に歪みがあるという。首が左右どちらかに傾いている人が多い、顎が上がっている、肩の高さが左右で異なる、猫背、O脚、下のほうばかり見て歩く、靴の踵の外側ばかり減る、、、等、簡単に感じられる姿勢も上手く出来ていない場合が多いとのこと。そういえば私の靴は外側に片べりしている。自分では意識しないが、横柄な姿勢で歩いているのかもしれない。歩く量は1日1万歩ぐらいと思っているが毎日続けるのは大変だ。私の場合、およそ1時間、約6kメートルを早朝、歩いている。風雨がひどい時はムリせずお休みとなる。安全のため懐中電灯を持って歩道しか歩かない。しかし、新聞配達の人たちの車が歩道に乗り入れてくることもあり気が抜けない。昔は、新聞配達は年若い新聞少年が新聞の一杯入った重いかばんを肩に担って配達するという姿が普通であった。いまは新聞少年は居なくなり大人が車かバイクを使って配達することが多い。この方たちには早朝の歩行者が居るかもしれないということを心にとめて安全運転をお願いするほかない。ウオーキングから帰りシャワーを浴び朝食を頂くと美味しく感じられる。日々是好日、歩ける幸せを感じている毎日です。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL